クリスタルショップマキに起きた不思議の色々をご紹介しております  (このページに掲載のすべての画像の 転用、転載をお断りします) <クリスタルショップマキ>  ★クリスタルショップマキのオーナー(takako)が体験した不思議な出来事。神倉神社のお日さま 
  < 熊野三山・神倉神社への旅> 2006年8月24〜25日 熊野本宮大社から熊野速玉大社、神倉神社 那智大社にお参りしました   <神倉神社のお日さま> 8月25日am6:00頃 神倉神社に降り注ぐお日さま(太陽)  天照(アマテラス)さまの出現だと思います <和歌山県新宮市神倉1-13-8>  <拡大画像こちらに>                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 神倉神社     神倉神社の頂上の鳥居を入ると ご神体の岩が見えています 早朝の6:00前くらいの時間帯でまだ お日さまもやっと 登り始めた頃 柔らかい日ざしを受けて 荘厳な雰囲気の境内です   この降り注いでいるお日さまを 写真に写したのが 最初(一番上)に掲載している 太陽の写真です。

 

  急な石段を登ると 頂上の近くは このように穏やかな階段になっています この先に 神倉神社の頂上の鳥居がございます   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  今回の旅の詳細   ★   近鉄八木駅から特急バスで出発 2006年8月24日AM9:13発 途中何度も 休憩がありました    ☆   詳細はのちほど 書き込んでまいります 時間の都合上 取りあえず 画像をアップいたしました 今回は どういう訳か 一人旅になりました 何かの意志が働いていたような気がします   ★ ☆ ★   今回の目的は 神倉神社にお参りだったのですが 熊野本宮大社 速玉大社 に24日にお参りすることができまして 翌日 神倉神社と那智大社にもお参りできました。 そして 予定よりも2時間も早く PM2:30頃に大阪に戻りました。    ☆
神倉神社   2008年8月25日AM5:30頃 新宮ステーションホテルから タクシーで神倉神社の入り口までいきました   お参りも済みまして 神社の境内で神様の「気」をいただいておりました。   しばらくの間 境内で佇んでおりました (約30分くらい) ときおり地元のお参りの方と お会いしまして シャッターを押していただきました 貴重な1枚です  神倉さまの境内で記念写真 この日 神倉神社には ジーパンではなく 白いズボンに着替えて 気持ちを引き締めて出かけました (一応 正装のつもりです  (^^ゞ )   AM6:30頃の写真 だったと思います   <神倉神社で不思議な光が> ☆☆☆ 静かに手を合わせ 目を閉じると 第3の目のところに 大きな太陽ほどの光が 現れました。 まず一つは 中央に・・・ そして その上に 横に二つ並んだ こちらも大きな 光の玉が糸で結ばれたように現れました。 3つが 第3の目の前に ・・・ 三つとも 大きな太陽のような光でした ときどき 私は 目を閉じると 白い光が見える事があるのですが それはいつも 小さな光でした。 神倉さまの光は 非常に大きく太陽のような光でした。 三つの光の玉は きっと神様の現れだと思うのですけど  どうして みっつなんだろうか ?   ※  そのときに見えた光の玉を 思い出して 絵に書いてみました (2007/2/18 記録書up) こんな風に現れました  私の感じでは 今 思えば・・・・ 一つは天テラスさま もう一つはイザナギの尊さまのような気がします。  速玉大社の神様はイザナギの尊さまで 神倉神社は速玉大社の摂社です。 もう一つは まだわかりません  どなたか わかりませんでしょうか ?     ☆☆☆   神倉神社から帰る時 もうお日さまが大分 出ていましたので 入り口付近を 写しました。 奥の鳥居のところから 非常に急な石段を登っていきます 帰りはこの石段はとても 急で怖かったです しゃがんで 一段ずつ 下りました (^^ゞ     リンク(1)<神倉神社>(2)<神倉神社>
  ☆  ☆★☆ 2006年8月24日熊野本宮大社から新宮へ向う途中 タクシーの運転手さんが写してくれました ジーパン姿の貴重なスナップです(^^ゞ (2002年の熊野の旅はこちらに) (2008年9月の熊野の旅はこちらに)    その後 導かれて2006年11月24日 熊野奥宮玉置神社へ行く事になりました    
<神社に出現のお日さま>    元伊勢神社(内宮)     (神倉神社)  
 (このページに掲載のすべての画像の 転用、転載をお断りします)  提供    <クリスタルショップマキ> トップ       (2006年8月up) (2007/2/18更新)